【運動や排痰のために】お腹(体幹)ストレッチで気をつけて欲しいポイント

お腹のストレッチ ブログ表紙 リハビリ

こんにちは。Ease Upまさです。

今回は体幹ストレッチをする際の注意点です。

このお腹のストレッチはお家でも行っている方がいるのではないでしょうか。ちなみに排痰を促すためにも大切な取り組みです。

よくWebサイトやYouTubeなどでも紹介されていますよね。

お腹の柔軟性を保つと側弯の予防や胸郭の動きを助ける効果があります。

ただ、個人的に実施する際に気をつけて欲しいポイントがあるのでご紹介いたします。

まさ

パッと見た感じは問題なく出来てそうでも、実は負担をかけてしまっている場合があります。
実施の際は、これからお話するポイントに注意してみましょう!

スポンサーリンク

腹部の柔軟性が低下すると?

お腹には腹筋がありますよね?

この腹筋群ですが、周囲の組織も合わせて考えると背骨や肋骨(ろっこつ)、骨盤など広い範囲にくっついてます。

つまり、緊張の左右差筋肉が固くなる姿勢(側弯など)や呼吸(吸い込む量の減少、痰が出しづらいなど)に悪影響が生じます。

もちろんストレッチだけでどうにかなる問題ではなく、普段の姿勢管理やストレッチも含めた日常ケアが大切になってきます。

よくある間違い

捻る時、足首や膝に手を当て押さえつける方法です。

そうすると腰が回らず、股関節に過度な負担がかかってしまうことがあります。

麻痺があると、股関節が構造上不十分であったり、筋肉による固定が弱いことがあります。

その状態で股関節に負担をかけることは脱臼骨折のリスクを高めてしまうので注意が必要です。

ジョージの写真だとはっきりわかりますが、足が動いていても肝心のお腹があんまり捻れてないですよね?

大事なのは”お腹の筋肉が動く+股関節に負担をかけない”です。

正しい動かし方

それでは股関節に負担をかけないためにはどうすれば良いのか。

手を当てる位置を変えます。

膝や足首ではなく、腰(骨盤)または股関節の近くに手を当てて動かします。

ちょっとしたことですが、これだけでリスクが減るのでぜひ注意をしてみてください。

その際、腰が反りやすいのでそこにも注意をしていただけたらと思います。

まとめ

今回はストレッチのワンポイントアドバイスについて、インスタ投稿を深堀しました。

日頃のケアに役立てていただけると嬉しいです。

ブログ内容について、リクエストがあればお気軽にDMをください。